BAILE|フラメンコ 商品カタログ

フラメンコ通販の比較サイトです。 フラメンコに関するDVD、ブルーレイ、CD、本など。iTunes、フラメンコ専門店 アクースティカ、Amazon、セブンネット、TSUTAYA、楽天ブックスの販売価格をご確認いただけます。

サビーカス「グアヒーラ、他」 (1967)

渡米した15才のパコ デ ルシアは、当時50代に入ったばかりのサビーカスと再開する。話題にのぼるパコ デ ルシアの演奏を聴いたサビーカスは、「ギターリストは他人のスタイルで演奏すべきではなく、自分自身の音楽を奏でるべき」との助言を残した。これを機にパコは自身のオリジナル曲をつくりはじめ、新しいフラメンコの時代を切り開くこととなる。

サビーカスの本名は、Agustin Castellon Campos。1912年、フランスとの国境に近いスペイン北東部のパンプローナに生まれる。ほとんど独学でギターを習得し、7才で初舞台を踏む。1936年に内戦の混乱から逃れるためにアメリカへ亡命。その後は、他分野のミュージシャンとのセッションにも積極的に取り組み、フラメンコの国際化に貢献する。

亡命から30年、サビーカスはアメリカからスペインへ帰国。TVEの番組で、グアヒーラ、ロンデーニャ、ブレリアを披露した。ご紹介の動画は、その1967年の映像です。

ちなにみこの番組が放映された同じ年に、サビーカスが日本を訪れたとの記録が残っている。

索引

人物:

マッツ エック「眠れる森の美女」

スウェーデンを代表する振付家マッツ エック。古典バレエを独自に解釈した斬新的な作品を数多く残し、30年以上にわたってモダンバレエの先駆者として活躍をしてきました。 マッツ エック版に登場するオーロラは、反抗期真っ只中。「 […]