黒木メイサ、ダンサー役で主演舞台

女優黒木メイサ(25)が、19世紀に実在したダンサーを主人公にした舞台「VAMP(ヴァンプ) 〜 魔性のダンサー ローラ モンテス」(8月24日~9月8日、東京・EX THEATER ROPPONGI)で主演することが18日、分かった。

黒木はフラメンコ、アイリッシュダンス、ラテン、タンゴなど世界中のダンスを踊る。初挑戦のジャンルがほとんどのため、7月上旬には稽古を始める予定という。黒木は「華やかな舞台の裏での闇と波乱の人生。26歳を迎える今の私にしかできないローラ・モンテスを多種多様なダンスとともに全身全霊で演じたい」とコメント。歌、ダンスに加え、宙乗りや殺陣などアクションも満載になる。

魔性の黒木メイサ、ダンサー役で主演舞台[2014年3月10日、日刊スポーツ新聞]より抜粋。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です