エバ ジェルバブエナフラメンコ舞踊団、新作を世界初披露。本邦初のアフタートークも

20140317b
新宿文化センター大ホールにて、2014年3月22日、23日にエバ ジェルバブエナ フラメンコ舞踊団の来日公演が開催される。22日の公演「泥と涙」(De la Cava, Barro y Llanto)は世界初演、23日の「雨」(Lluvia)は日本初演となる。各日公演終了後には、本邦初のアフタートークも決定。エバ ジェルバブエナ本人が作品への思いを語る貴重な機会となっている。

「『雨』はヘレスのビジャマルタ劇場で2009年に初演した作品。テーマはあらゆる意味で、伝え合うことができない、ということ。手話を使った振り付けもある。無視や理解されないこと、そして孤独を描いている。これは誰にでも起こることだと思う」とエバ・ジェルバブエナ。

 また、「日本に行くのがとても楽しみ。本当に日本が大好きで、まるで家にいるかのようにくつろげるし、怖いことは全くない。早く行きたくてたまらない。日本の食べ物も大好きで、ラーメンを食べたい。日本がフラメンコを愛する気持ちも知っている。今まで通りにフラメンコを愛していただきたい。皆さんに劇場でお会いできることを楽しみにしている」ともコメントしている。

続きを読む⇒エバ・ジェルバブエナフラメンコ舞踊団来日-新作を世界初披露・本邦初のアフタートークも[2014年02月18日、新宿経済新聞]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です