ニーニョ リカルドとマノロ カラコールのグラナイーナ

パコ デ ルシアがまだ少年だった頃、スペインを拠点にしながらも国内外にわたり絶大な人気を博したギタリストがいた。巨匠ニーニョ リカルドである。

ニーニョ リカルドは1904年、セビリア生まれ。ハビエル モレーナやラモン モントーヤなどに影響を受けながら、独特のスタイルを築き上げる。そのクラシック的な技巧を取り込んだ複雑で華やかなフラメンコは、後を追う若きギターリスト達の指針となった。

パコ少年もまた、リカルドが生み出す華やかで新しい音楽に魅了された。


紹介の動画は、映画『El Caballero famoso』よりニーニョ リカルドのギター伴奏によるグラナイーナ。歌は、マノロ カラコール。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です