エバ ジェルバブエナ「Cuando yo era 」

曾祖父が連行されて帰ってこなかったというエバが、スペイン内戦をモチーフにして作り上げた作品。ショッキングなオープニングから、陶器工房、祭り、闘鶏、カーニバルと続く各シーンは理不尽な死への慟哭を抱えたままの人々の心や戦争のおろかさを象徴しているかのようです。

このビデオでは陶器工房から、陶土のようにろくろで回りながらマラゲーニャを踊るエバや祭りの場面のタンゴス、男性二人の闘鶏と作品のエッセンスを伝えてやみません。(志風恭子)


2014年3月、エバ ジェルバブエナ フラメンコ舞踊団が来日[東京、兵庫]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です