エバ ジェルバブエナ「ア クアトロ ボセス」ブレリア、他

2004年のビエナルでは「ア クアトロ ボセス」(四つの声に)を初演します。女性4人、男性6人と、これまでにない規模の群舞はオーディションで選ばれました。

四つの声とはミゲル エルナンデス、ビセンテ アレキサンドレ、フェデリコ ガルシア ロルカ、ブラス デ オテロという詩人たちのこと。エバの4作目は4人の詩人たちの作品と人生にインスパイアされた作品なのです。落ち着いたトーンの美しく、洗練された作品で、エバ自身も黒いドレスでのシギリージャ、パンタロンでのティエント、アレグリアスなど踊りつくしました。(志風恭子)


2014年3月、エバ ジェルバブエナ フラメンコ舞踊団が来日[東京、兵庫]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です