イスラエル ガルバン「ソロ」

イスラエル ガルバンの「ソロ」。その名の通り、全くの独り舞台。2012年、セビージャのビエナルという、世界最大のフラメンコ フェスティバルでの公演の映像だ。

聞こえてくるのは靴音だけではない。身体を叩き、こすり出る音たち。そのかたち。すべてがフラメンコだ。

音楽がいらないのではない。彼の中に音楽があるのだ。


志風恭子
『flamenco festival in Tokyo 公式ブログ』より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です