BAILE|Flamenco

フラメンコ通販の比較サイトです。DVD、ブルーレイ、CD、本など。iTunes、アクースティカ、Amazon、セブンネット、TSUTAYA、楽天ブックスの販売価格をご確認いただけます。

ベレン マジャとロシオ モリーナによるロマンセ

2008年2月ヘレスのフェスティバルで初演された「ムヘーレス」の一場面。

「ムヘーレス」はベレンの父で不世出のフラメンコ舞踊家マリオ マジャがベレンとロシオ、そしてベテラン舞踊家メルチェ エスメラルダという世代の違う三人の女性フラメンコ舞踊家のためにつくった作品です。同じ年の9月にマリオは亡くなったので彼の遺作となりました。

映像が暗くて見にくいかもしれませんが、ここでみられる舞踊は、人々がフラメンコという言葉でイメージするような華やかさや激しさはあまりみえないかもしれません。どちらかというと地味で静かでスタイリッシュ。これもフラメンコなのです。

ロマンセという、フラメンコに数ある曲種の中でもプリミティブなものに、最先端の振付けをしたことで両方の魅力がより浮き立つのではないでしょうか。


志風恭子
『flamenco festival in Tokyo 公式ブログ』より

関連記事
51CGGB176GL

マッツ エック「眠れる森の美女」

スウェーデンを代表する振付家マッツ エック。古典バレエを独自に解釈した斬新的な作品を数多く残し、30年以上にわたってモダンバレエの先駆者として活躍をしてきました。 マッツ エック版に登場するオーロラは、反抗期真っ只中。「 […]